ポールの徒然なるままに


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
危険なウンチョス
 犬派か猫派か。よく聞く質問である。
 猫派の人が主張するのは、
 「猫との微妙な距離感がいいのだニャン」
 という。
 犬派の人の主張は、
 「犬とのベッタリ感がいいんだワン」
 という。

 僕はご存知の通り犬と同棲しているから、犬とのベッタリ感がいいんだワン。
 家に帰って来た時に、シッポをブリブリしながら喜んでくれようもんなら、僕もお尻をブリブリして、一緒に数時間ぶりの再会を喜びを称えあう。
 猫派の人からすれば、
 「我輩は、そのようなベッタリ感が嫌なのである」
 と夏目漱石ばりに言われてしまうのが関の山だろうが、犬派の人にとってはそこがいいのである。
 
 そのような犬派か猫派の質問によって、その人の性格の一端が見えるように思われる。ことに、男女関係における接し方だ。
 猫派の人は、一定の距離を持って付き合い方をするだろうし、犬派の人はベッタリと付き合っていくのだと思う。
 一概には言えないだろうけれど、そういう一端が垣間見れるのではなかろうか。
 
 余談終わり。
 僕の文章は余談が多いのが定石。たまに、余談を書いてるだけで日記が終わることがあって、どっちか余談でどっちか本題なのかわからなくなることがある。
 あっ、また、余談が長くなりそうな予感ッ!やめときます。

 その犬派の僕が、散歩中に愛犬の行動をつぶさに観察していた。
 犬が小便をする際は、非常に男性っぽい。電柱に向けて小便をしようもんなら、
 「おりゃー!電柱よ、俺のシッコスをくらえー!バシャバシャ」
 ってな感じで、男性的な気迫すら感じる。

 しかし、大便をする際は、
 「いやぁ…。お殿様、見ないでおくんなまし…。恥ずかしいでありまする…」
 ってな、時代劇で登場する殿様にウッシッシされるオナゴのようになってしまう。
 
 家の愛犬もそのような傾向がある。それに加えて、もう少し変な癖がある。
 愛犬は、ウンチョスをするときには決まった場所でするのだ。

 その場所は、道路の縁石の上!
 道路と歩道の間にある、10センチぐらいのあれである。
 家の愛犬はゴールデンレトリバーであるからして、巨大な体躯の持ち主だ。
 その巨大な体躯の持ち主である彼は、必ずといっていいほど、縁石の上でウンチョスをかます。
 
 すぐ横で車がビュンビュン通ろうがなんのその。
 散歩のたびに、
 「みちゃいや!見ちゃ嫌でありんすー!」
 ってな顔をしながら、こそでウンチョスをするのだ。
 車に轢かれそうになったことは数え切れない。飼い主の僕としても、そんな危険な場所でウンチョスをすることは望まない。
 しかし、それでも彼は、縁石の上でウンチョスをするのだ。
 「俺はここでウンチョスしなちゃだめなの!」
 ってな使命感すら感じる。

 終わったあとには、
 「ふぅ、今日も我ながら危険なウンチョスをしたぜ。これで日本も安心だ」
 ってな堂々たる雰囲気を醸しつつ、お尻をフリフリして散歩を続ける。

 全く、変なワンコである。
| ポール | 愛犬日記 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) | -
たわむれ
 今日は午前中からF氏の家に行き、勉強する。
 彼の家の駐車スペースに駐車をする際、うまく駐車することができなかった。
 彼の部屋に行くまでの途中に、「F氏(玄関)→F氏の姉(階段)→F氏の父(部屋の前)」の順番でキレイに突っ込まれる。打ち合わせがあったのようなキレイな順番で。点呼のごとく。決して同時に突っ込まれることはない。しっかりと順番で。
 伝統的な突っ込み一族。おそるべし。

 愛犬の散歩があるので、夕方には帰宅。
 

 ところで、愛犬(ルーポ)で思い出したが、僕はいつも、夕食後には愛犬と戯れている。
 僕が遊ぼうサインを出すと、

 「(ルーポ)ワーイ!」

 ってな感じで近づいてくる。最初のうちは、ルーポも純粋にじゃれ合っているのだが、少しずつ本気になって行く。

 「(ルーポ)おっ、やったなぁー!このこのー!」

 その1分後、

 「(ルーポ)まっけないぞー。えいえいー!」

 その1分後、
 
 「(ルーポ)むむっ…。くっそー!負けるもんか!」

 その1分後、
 
 「(ルーポ)おどりゃー!!まけっかよー!」

 その1分後、
 
 「(ルーポ)ううううおおおおおおお!!!」

 最後には、悟空がフリーザの前でスーパーサイヤ人になる直前に吐いたセリフのごとく
 
 「(ルーポ)クリリンのことかー!!!!」

 こんな感じになってしまう。
 

 今日も漏れなく
 
 「(ルーポ)クリリンのことかー!!!!」

 になってました。単純なルーポ君。ルーポ君、これをたぶん今年に入って100回以上やってますよ。ルーポ君、僕にはこうなるってわかってるんだよ。ルーポ君、明日は気づくかな?


 今日はもうちょっと勉強したら眠ります。
| ポール | 愛犬日記 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
独り言
 素敵な皆様、こんばんは。毎度、お馴染みポールでございます。

 シリーズ化を予定していた、『ドは動機のド』は作者の都合により、1話で完結とさせて頂きます。ご了承下さい。
 
 最近、独り言が多くなってきてるような気がする。厳密にいうと、独り言とは、愛犬との会話だ。いくら話しかけても「ハァハァ」ないし「フガフガ」しか返ってこない。なので、彼への語りかけは一般的には独り言になる。
 しかし、その独り言が、少しずつ進化してきていることに今日、気づいたのだ!
 もう、独り言という枠を凌駕している!母親に指摘されて初めて気づいたのだが、愛犬の声を僕が代わりに喋っているのだ。
 例えば、愛犬の散歩に行く際、

 「(僕)散歩行きたい人ー!!」
 「(愛犬:実質、僕)はーい!いきたいでーす!(僕が言ってる)」
 「(僕)どこへ行きたいですかー!?」
 「(愛犬:すなわち僕)川です、川ですー!」
 「(僕)じゃあ、いこぜー!」
 「(愛犬:つまり僕)わーい!」

 ってな感じ。一人二役。演技派ですから。
| ポール | 愛犬日記 | 23:21 | comments(7) | trackbacks(0) | -
生討論
 昨日のブログで、一昨日の愛犬との政治についての生討論について書こうと思ったのだが、昨日のブログが思いのほか長くなったので割愛させて頂いた。その時に熱き論戦栓について書こうと思う。
 結果からいうと、僕の全面的な勝利で生討論の幕を下ろした。
 生討論の最初は、郵政民営化から!
 「(僕)郵政民営化について私は賛成だが、あなたはどうか!?」
 「(愛犬)ハァハァハァ…」
 「(僕)では、消費税率アップについて私は賛成だが、あなたはどうか!?」
 「(愛犬)フガフガフガ…」
 「(僕)何も言えぬのか!では最後に、憲法改正には僕は賛成だが、あなたはどうか!?」
 「(愛犬)スヤスヤスヤ…」
 ふふふっ、相手に何も言わせなかった!僕の全面的な勝利!
 愛犬のヤロー、僕の議論の鋭さに最後には狸寝入りときたもんだ。そのまま頭を撫でてやったら、朝までヨダレを垂らして寝る始末。
 次はもっと、ホットな話題について生討論したいと思っている。
 
 ところで、今日はなかなか充実した一日だった。マンダム。
 「キツイなぁ…。勉強したくないなぁ…。」
 と思ったときに勉強してこそ、資格試験の合格につながるのだと思う。
 ということで、本日、悟りの書を拾いました。明日から賢者として生きます。もう少ししたら、ホイミをかけてから、自分にラリホーをかけて眠ります。おやすみなさいませ。
| ポール | 愛犬日記 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ