ポールの徒然なるままに


飲み会の目的
会社の飲み会が続いている。

2連チャン。

今日も飲み会である。

ここで改めて飲み会の目的をはっきりしておきたいと思う。




会社の飲み会は目的がある。

目的は2つ。

目的を実現するための手段が1つ。




まず、目的の1つめ。

会社内でのつながりが多くなれば、色々な情報が入ってくることだ。

他の部署での戦略もそうだし、「この人にはこの相談」といったような長所だったり、社内のパワーバランスであったり。

その情報を使って自分の成果や売上につなげることができる。





目的の2つめ。

上述のことが、情報のインプットであるなら、情報のアウトプットだ。

つまり、自分のやっていることや長所を発信すること。

そうすることによって、色々な相談事を持ちかけられるし、プロジェクトなどの声をかけてもらえる。

さっそく声がかかって、相談ができて、結果につなげることができたし、他部署から相談も持ちかけられた。



3つめ。

仲の良い人を作って、気持ち良く働くためだ。

嫌われているより、好かれている方が精神衛生上よい。

嫌われていると思っていたら消極的になってしまう。

一方で好かれていると思えば積極的になれる。

仲の良い人が多いということは、好かれている人の数が多いということでもある。

だから、仲の良い人をたくさん作るべきだろう。





上から1から3の目的を実現するために、手段は1つ。

好かれるコミュニケーションだと思う。

でも、個人的には、無理して好かれたくないと思っているし、かっこつけて好かれたくない。

ありのままの自分を好かれたいと思う。

そのためには、自分の「色」を知って、その色を濃くすることだと思う。

僕だったら、人を好きになることが得意なところだったり、思いやりがあるところだったり、屈託のないところだと思う。

それを濃くする、伸ばしていくことだと思う。

他にも、人に喜んでもらうこと、愛情ぶかいところも伸ばしていきたい。

これはつまり、人格の向上なのだと思う。



以上のように、飲み会の目的は下記。
‐霾鵑離ぅ鵐廛奪
⊂霾鵑離▲Ε肇廛奪
C膣屬鮑遒襪海

目的を達成するために、自分の色を知って、好かれるコミュニケーションをとること。




そんな感じ。

| ポール | 独り考えごと日記 | 08:30 | comments(0) | - | -
結婚は我慢?
結婚には我慢が必要なんだって。

わかる気もするけど、心では「そりゃあなたの話でしょ」って思う。

だって、勉強することが苦痛な人もいるけど、僕は自分の成長のためだから苦痛じゃない。

人によって違うじゃんって思う。

それにそもそも僕自身あんま一人になりたいと思わない。

性格がいぬ系だからかもしれないけど、仕事をしっかりしてりゃ、あとはパートナーと一緒にいたいじゃん。

一緒にいれば価値観も似てくるし、お互いに思いやりがあるなら、一緒に過ごす時間も心地いいはずだし。

結婚は我慢?

まぁー結婚してみなきゃわかんないけどねー。

| ポール | 独り考えごと日記 | 08:20 | - | - | -
実家から戻ってきて感じたこと
実家から戻ってきて感じたこと。

妙に寂しさを感じた。

GWは勉強ばっかりしていたので、寂しさについて考えたり、調べたりした。



調べてみると、人間は、そもそも分かち合う心を持つ生き物らしい。

これは他の動物にはない、人間だけにある心らしい。

裏を返せば、人は孤独には生きていられないってことみたい。



第二次世界大戦後のすぐに発表された発表があった。

Phychogenic Diseases In Infancy(「幼児の精神的な病気」)

親のいない幼児の施設で、91人の赤ちゃんを2歳になるまで調査をした。

なんと、2歳になるまで37%もの赤ちゃんが命を落とした。

もっとも重要な栄養面と、衛生環境は十分に満たされていたにも関わらず…。

欠けていたのはコミュニケーション。

つまり、分かち合う心。

幼児は孤独に生きていた。



これは幼児に限らず、大人だってそうらしい。

人は一人では生きていけないのだ。




親はいつか先にいなくなるし、兄弟姉妹ともずっと一緒にいるわけじゃない。

だからこそ、パートナーも必要なんだって思った。

パートナーいりゃいいってわけでもなくて、気持ちを満たしてくれたり、分かち合える人が大切なんだとも思った。





まっ、孤独とも友達になりたいから、このまま頑張るけどねー。

| ポール | 独り考えごと日記 | 21:43 | - | - | -
13
僕は、4〜5年前に、自分の行動指針となるものを作った。

ことあるごとに見返したり、見直してはいるけど、そんなに大きな変化はない。

行動指針は、13ある。



1.感謝、2.前向き、3.思いやり、4.正義、5.誠実、6.謙虚、7.寛容、8.自律、9.真摯、10.勤勉、11.改善、12.成長、13健康

そんな感じ。

ほんの少しだけ、解説を加えると、

1.周りの人や環境に感謝をしましょう

2.前向きに捉えていきましょう

3.相手の立場にたって思いやりを持ちましょう

4.差別はせずに不正とは戦いましょう

5.裏表なく誠実にいきましょう

6.傲慢にならずに謙虚に生きましょう

7.人を許せる寛容な人になりましょう

8.自分を律していき、楽しむときは楽しみましょう

9.何事にも真面目に生きましょう

10.仕事も勉強も一生懸命やりましょう

11.漫然と生きずに反省をして改善をしましょう

12.向上心をもって日々成長していきましょう

13.早寝早起きに心がけデブにならず健康的に生きましょう



そんな感じ!

これについてまとめた手帳があって、13項目にの1つ1つにずらーっと思いついたことをメモしていて、毎日見返すようにしている。

ここには、書いてはいないけど、明るく、面白い人間でもあろうと思う。

笑わせることも大切だけど、笑われたって、笑ってくれればオッケーだとも思う。

皆さん、ご存知の通り、僕はそうとうオチャラケタ人間であるため、このぐらいしっかりやらないのといけないのだと思っている。




それに、僕は起業が夢。

たくさんの人には話してはいないけど、やりたいことがある。

このぐらいやって当たり前だとも思う。



僕は無宗教。

神様や天国の存在を信じない。

死んだら待っているのは永遠の無だと思う。

前世があるなら、きっと僕は誰かの前世であるはずだけど、前世の記憶は全くないのでやっぱり前世はないと思う。

脳が燃やされた、それでオワリ。

やっぱり永遠の無が待っているんだと思う。

小学校の頃、この永遠の無が恐ろしくてたまらなかった。

眠れない日だってあったし、今でも考えると怖い。

でも、今は、考えてもどうしようもないし、その時はいつかくるっていうのもわかっている。

だったら、たった一度の人生、本当に幸せな人生を送りたいと思う。

幸せな人生を送るためにはどうしたらいいか。




それは僕は魅力的な良い奴になればいいんだって思った。

僕が死んだ時に、僕の死に顔をみた友人に「もう一回、色々話したかったな」って言われたら、僕の幸せは幸せな人生だって思えると思う。

魅力的な良い奴になるにはどうしたらいいか。

仕事だと思う。

僕は仕事っていう場所は、最高に自分を成長させてくれる場所だと思う。

辛いことやうまくいかないこともあるけど、それがあるからこそ成長できるとも思う。



その仕事は最高の仲間たちとやりたい。

最高の仲間たちと、旅に出たい。

そして、一生懸命頑張って、成長して、晩年は愛する奥さんと2人で海の綺麗なところでゆっくり過ごしたい。

2人の人生を振り返って、夕方の海辺で奥さんに手をつなぎながら「君と一緒にいられて僕は幸せだよー」って言えたら、本当に幸せだと思う。



つまり、僕の死に顔をみた友人に「もう一回、色々話したかったな」って言われたら、夕方の海辺で奥さんに手をつなぎながら「君と一緒にいられて僕は幸せだよー」って言えたら、僕の人生は本当に幸福だったと思えると思う。

そのために、今を頑張る。



明日もがんばろっと。
| ポール | 独り考えごと日記 | 22:44 | - | - | -
<1月31日>洞察力
昨日は急に来月の予算変更があった。

それに伴い、広告の出稿計画の変更があった。

忙しかったし、頭を使った。

夕方ぐらいからは頭が回らなくなったけど、出稿計画を一発で通せたし、充実した一日だった。

もっと数字に強くなりたい。

基礎力も必要だし、統計学をもっと勉強したい。

仕事は数字とファクトに基づいたロジカルな世界だと思う。

クリエイティブな仕事じゃない限り。



あと、昨日の反省点はロジカルに話せなかったところ。

結論から先。

まとめてから話に行く。

これだね。


あと昨日は尊敬する人から洞察力が大切だとアドバイスを受けた。

他人と自分を観察すること。


| ポール | 独り考えごと日記 | 23:10 | - | - | -
<1月30日>勉強
今週に入って1時間しか勉強していない。

まずい…。

まずい!!!

月曜日30分。

火曜日0分。

水曜日30分。

いかーん!!!

一日1時間は最低でも勉強したい。

というのも、仕事だけしても成長に限りがあると思う。

もっと成長したいのであれば、勉強が必要だと思う。

だからこそ、勉強をしたい。



正直、僕の夢は、今の仕事でポジションをあげることじゃない。

自分の好きなことを仕事にしたいし、大切な仲間たちと仕事という船に乗って航海にでること。

もっともっと成長したい。



ということで、勉強時間を確保するために何かを捨てる。

何かを捨てて時間をつくる。

本当に大切なことは捨てないけど。



明日はなるべく早く仕事を終わらせて1時間30分は勉強する。
| ポール | 独り考えごと日記 | 00:40 | - | - | -
<1月29日>期待に応える
今日はなんだか風邪っぽかった。

朝はなんともなかったんだけど、夕方ころから喉が痛くなってきた。

それに体もダルいし、頭もぼーっと。

「これは肉を食べて帰らなければ!」と思い、ディレクター職の先輩を誘って焼肉を食べて帰ってきた。

その先輩は、前職がシステムエンジニアのマニアックな先輩だから、話のほとんどがシステムの話で、正直ほとんどがわからない。

でも、「うんうん」って聞いてると楽しそうに話してくれる。

楽しそうに話すもんだから、楽しそうに話すのをみたさに質問をする。笑

なんかほんわかしたな。



その先輩はちょっと煙たがられいる存在だけど、僕は全く感じない。

むしろ、個性のあって素敵な人だなって思う。

しいていうなら、その先輩は興奮してくるとツバが飛んでくるので、それに注意すればいいぐらい。

今日も混み合った電車の中で、数滴のつばを顔に飛ばられたな。笑



仕事に関してはまぁまぁうまくいった一日だった。

上司にリーダーを飛び越して仕事を任されるのは正直嬉しい。

これからも上司の求めている以上のことを応えていきたい。




そのために…。


言われる前に気づくこと。

そのために、上司だったらどう考えるか考えること。

積極的に提案すること。

提案に自信を持つこと。

自信を持つために数字とファクトで根拠付けること。

分析レポートは丁寧にきちんとやること。


以上。

明日も全力で頑張る!

| ポール | 独り考えごと日記 | 23:18 | - | - | -
何かを得たいなら
「何かが欲しいなら、何かを捨てなければならない」

これは僕なりの真理。

何も捨てないで何かを得ようなんて傲慢だと思う。

資格も才能も時間も恋人も。

例えば、テレビも見たいけど、資格が欲しいなんて無理なのと同じ。
| ポール | 独り考えごと日記 | 23:55 | - | - | -
<1月25>最近の仕事まとめ
仕事が好調。

最近、意識している点。



時間配分を考えて強弱をつけたタイムマネジメント。

1分1分を大切にする。納期前ギリギリの1分と、ゆとりのある1分も同じ1分。

一つの仕事に目的意識と成長意識と昨日とは違った一工夫をすること。

時間制限を設ける。

感謝の気持ちを忘れない。

すぐにやる。積極的にやる。

振り返りは多面的に。


以上。

ただ、もっとこの意識を高めていきたい。
| ポール | 独り考えごと日記 | 23:20 | - | - | -
<1月21日>自分以外から学ぶ
今日はかなり充実した一日だった。

寝不足でもなくコンディションもばっちり。

睡眠って軽視されがちだけど、寝不足だと判断能力を相当鈍らせるし、寝不足が続くと鬱になるぐらい。

なので、とっても重要なこと。

自分のベストの睡眠をまじぽんで探して行く。



コンディションだけじゃなく、日曜日に書いた日記を実行したらかなり良かった。

これは良かった点として続ける。

まじぽんで。



ところで、今日は先輩が先週に続き怒られていた。

先輩のことを自分のことに置き換えると学べるなと思った。

まとめるとこんな感じ。

まずは、当たり前だけど、同じ失敗をしちゃいけないこと。

で同じ失敗はしちゃいけないけど、自分を激しく攻めちゃいけないってことを聖母マリアに教えてもらった。笑

なんで失敗したのか?どういう状況だったか?どういう心持ちだったのか?失敗しなかった時はどういうときだったのか?

そういうことをしっかり考えればいいんだと思う。

激しく攻めるとなんか疲れちゃう気もする。



いくかの案と自分なりの結論を用意してから話すこと。

丸投げして質問するのは担当者として罪だし、考える訓練にならない。


結論から切れ味良くロジカルに話すこと。

何言ってるかわからない人っているけど、ロジカルじゃないんだと思う。



あと、ありがとうとごめんなさいをしっかり言うこと。



そんな感じ。

僕も1から5を学びたい。

ねむい。

おやすみ〜。
| ポール | 独り考えごと日記 | 23:55 | - | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ