ポールの徒然なるままに


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
戦争が技術力をあげる
悲しいけど、戦争が世界の技術力をあげたのも事実。

イスラエルがその代表例だと考えます。

人口800万人。日本の四国ほどの人口。

イスラエルは、第2のシリコンバレーと呼ばれる、グーグルやマイクロソフトなども注目している国となっている。

理由は3つだと考えます。

(1)民間研究開発投資のGDPに占める割合が4.5%で世界一。
(2)国民1人あたりのベンチャー投資額は2008年段階で250USドルを超え世界一。
(3)イスラエル人の性格(強烈な個性、頭の良さ、自己主張の強さ)

だけど、これの背景にあるのは、イスラエルは常に戦争状態。
テロの脅威からいかに身を守るか。
そのために、軍事技術を進歩させた。
危機感が技術力をあげたのだと思う。

決して良いことではないと思うけど。


ひるがえって自分。



知的で強引さもある上司と戦い。

危機感を感じる。

ストレスを感じるけど、これも成長のために必要なのか。



答えはまだない。


| ポール | つれづれ日記 | 23:01 | comments(0) | - | -
ウソこきあんちゃん

ウソの上塗り。

ダサい。

究極的に。




1度ウソをつくと、そのウソを上塗りしなきゃならないから、さらなるウソをつかなきゃならない。

3回ウソをつくと、3つのウソを謝らなきゃいけなくなる。

謝れなくなる。

あとに引けない。

ウソを上塗りして、輪島塗の輪島漆器でも作る気かしら。





ウソってなんであんなカッコ悪いんだろう。

なんであんなにダサいんだ。

ウソをつかなきゃならないのは、自信がないからだと思う。

矮小な自分を晒すのが嫌だ。

ださいブランドっていうウソで飾らなきゃいけない。

ウソっていうブランドもののバッグを後生大事に抱える。





嫌われたっていいじゃん。

好かれなくたっていいじゃん。




ウソの自分を好かれてどうするのって思う。

その相手とは、ウソの関係。

明日、死んだら、ウソの関係であり、ウソの人生で終わるよ。

もったいない。

親に対してもったいないし、真面目に生きていたけど事故で死んだ明日も生きたかった人にも申し訳ないよ。

| ポール | つれづれ日記 | 14:25 | comments(0) | - | -
友だちって
人が真剣にやっている時に、笑うような人になりたくない。

最初の印象でアホっぽいことをやっていると思っていても、サポートや応援をできる人になりたい。

酒のみの友達が断酒している時も、

プログラマーになりたいと思ってブルーカラーの仕事を辞めても。




本気でやっているなら、例え、それが失敗したとしても、その先に新しい何かが見えてくるはずだから。

中途半端にやってるならとめるけど。
| ポール | つれづれ日記 | 12:05 | comments(0) | - | -
成長するために
(1)情報や考えたことを、行動の習慣化すること。
(2)定量的な結果がよくない習慣は改善・中止を繰り返していくこと。

上記の2つを実施すれば成長できると思う。


解説すると、人が成長するためには、努力をすることと、努力の方向を間違っていないことが必要。

努力って結局、「行動=努力」ということになる。
情報を得たことや考えたことだけでは意味がない。
そして、努力は継続しなきゃならないので、行動を習慣化することが必要。
これによって、努力するというか、行動をすることは担保される。

だけど、その努力が間違っていたら意味がない。
なので、定期的に振り返る必要がある。
しかも、それは定量的に振り返られなきゃ意味がない。
無駄な努力はやめて、もっと成長できる努力があればそれに変更する。

そうすれば、成長できると思います。


| ポール | つれづれ日記 | 22:40 | comments(0) | - | -
付き合う人を変える
仕事を辞めて近所に引っ越してきた友人がいる。

本も読むようになり、ジョギングをするようになり、勉強をするようになり、お酒もやめた。

僕が意識して実践していること(できないことも多いけど…)



これはどういうことを言えるかというと、付き合う人を変えるということ。


酒飲みと友達になると酒飲みになる。

頑張ってる人と友達になれば頑張るようになる。

幸せな人と友達になれば幸せになる。



これは世界の心理。

一番近くにいる人は変わったかしら?笑
| ポール | 独り考えごと日記 | 08:27 | comments(0) | - | -
残業という非効率
残業は非効率だと思う。

ひたすら手持ちのスキルで仕事を回しているし、集中力もさがるから。

個人的に思う、原因と解決手段は下記の通り。

残業が発生する原因については、
〇超箸鬚垢譴个垢襪曚百萃イ辰討い襪隼廚錣譴詈顕修ある
∋超箸垢襪海箸非効率であることをデータとして認識されていない
以上の2点があげられると思う。

残業をすればするほど頑張っていると思われる文化があることについて。
「頑張っている=成果がでている」とは違う。
高度経済成長のころは、頑張っても頑張らなくても成果が出たんだと思う。
だけど、高度経済成長が終わり、残業しても成果が出なくなってきている。
だから、おかしいぞとなってきている。
たぶん、あと3年もすれば、ますますこの「おかしいぞ?」が経営層にも浸透していくと思う。

この認識を払しょくする手段、つまりは、解決する手段。
経営層の世代交代という時間による解決と、△能颪い浸超箸垢襪噺率が下がるというデータ検証の結果を拡散する方法が解決手段だと思う、
データがすべてを語るから。
感覚や主観ではなく、データは神より正しいから。

経営層がそのことに気づけば、残業をする人にはバツを与え、残業をしない人にはインセンティブを与える仕組みを作ると思う。
なので、俺が考える解決手段は残業による非効率さをデータによって提示をすることだと思う。

これは個人レベルでもできる。
さぁ、みんなでFBでシェア、twitterでリツイートしよう。


| ポール | つれづれ日記 | 19:40 | comments(0) | - | -
無為に生きる
慣れって不思議な感覚。

人間が進化の過程で得た人知を超越した力。

恐怖も感謝の気持ちも慣れによって薄れる。

そして、生きていることも忘れる。



無為に生きたくない。

だけど、なんのために生きているのかって言われると、まだ明確に答えられない。
| ポール | - | 09:18 | comments(0) | - | -
お墓についての考え方


僕は死んだら極楽も地獄もないと思っている無宗教。
死んだら永遠の無。
その考え。

なので、祖父や祖母も悲しいけど、極楽にも地獄にも行っていなくて、
体も、人が感じたり考えたりする脳もこの世にはいない。

悲しいけど、祖父や祖母が天国で喜んでいるということもないと思う。
親愛なる人が言っていたけど、「お墓やお骨のことは、自己満足に近いのかもしれない」という考えに同感。

私の父は、死んだら近所の山に散骨してくれって冗談めいて言っていたけど、
僕もその考えに近い。
僕が死んだら、お墓などいらないから、僕の子供が幸せになるようなお金の使い方をしてって思う。
ただ、記念に骨をちょいと取っておいて、たまに拝んでくれればいいかなって思う。

もっとも上述の通り、僕が死んだら「無」なので、知る由もないのでどうやってくれてもいいとは思うけど。
| ポール | つれづれ日記 | 23:36 | comments(0) | - | -
断酒
昨日も飲まなくてよかった。

昨日、飲まなかったからこそ、今朝起きて、朝風呂に入り、死について、これからの人生について考えられたから。




なんで死について考えるのか。

2つの意味があると思う。

1つは人生をより充実するため。生を感じるため。

もう1つは、「死」という恐怖と向き合って、僕の尊敬できる人たちがどのように向き合って克服しようとしているのかを知りたいから。



お酒の時間は無駄。

すごく好きだし、飲んじゃうこともあるけど、今はお酒を飲む時間より、勉強をしていた方が良いと思う。



| ポール | つれづれ日記 | 10:11 | comments(0) | - | -
オシャレ
僕は趣味が少ない。

少ない中の一つの趣味として、オシャレをすることというのがある。

オシャレは、生活に彩りを与える。

オシャレは、自信にもなる。

自信は前向きさをもたらし、
| ポール | つれづれ日記 | 12:08 | comments(0) | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ