ポールの徒然なるままに


<< 心の中で | main | 納豆臭い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
お弁当選びを巡る、喜びと悲しみ

出勤中、昼食はオフィスで食べようと腹を括ったのである。

 

強い決意を胸に駅の改札を出て、コンビニへ向かったのである。

昼食を買うためである。

しかしだ。

僕はコンビニの食べ物は好きじゃない。

もっとも、味が好きじゃないというわけじゃない。

「濃い味バンザイ党」出身の僕としては、味は好きなぐらいである。

 


では、何が好きではないか。

あの必要以上のカロリーが好きではないのだ。

それ、おにぎりを手にとって裏返してみたまえ。

1個で200カロリーぐらいある。

驚愕のカロリー。

あんなに小さいのに、なぜ、あのような数字をたたき出せるのか。

常軌を逸していると言わざるを得ない。

なお、情報筋によると、あれは日持ちをさせるために、油を塗り塗りしているようだ。

おにぎり却下。

 


続きましては、お弁当である。

お弁当を手に取り、中身を確認。

添加物がいっぱい入っているであろう惣菜。

うむ。すごい。

あっぱれである。

次に、お弁当さんを、コロッとひっくり返してやる。

うむ。必要以上のカロリー。

これを食べたら、中年太り一直線だ。

いやんいやん。

お弁当さんを、表に戻してあげる。

そして、そっと、棚に返してあげる。

お弁当さん、さようなら。

 


あたりを見回す。

コンビニは添加物とハイカロリーなものであふれている。

中年太りを避けたい僕にとっては、買えるものがさっぱりないのである。

 


僕は気づいた。

「ははーん。さては、このコンビニ、僕をブタにさせる戦術やな」

天才である僕は気づくのである。

しかし、そうは問屋がおろさん。

こちとら、天才やで。

しかも、「ミナミの帝王」の萬田はんのモノマネが得意で通ってるポールやで!

きっちり耳揃えて、買わしてもらいまっせ!!!

 

 

あたりを見回す。細かいところまでである。

ギュッとフォーカスを絞る。

そこで、目に飛び込んできたサラダがあった。

「一日分の野菜が入っております」

そういう売り文句で陳列されているサラダ。

「ほー、ええやないかい」

しかも、かなりの量。

量も申し分ない。

カロリーを見ると、なんと約100キロカロリー。

「これだ!」

と僕はぺチンと膝を叩いた。
(なお、このペチンが僕の決済のお知らせである)

 


僕はサラダを右手に持ち、レジへ向かう。

しかしだ。

途中、ある疑問が生じた。

「はて、これだけで足りるか?」

足りない。

たぶん、足りないのである。

そこで、目に入ったカップヌードルを手に取ってレジへ。

よし!

レジでお会計をして、ホクホク顔でコンビニを出た。

 

我ながらいい買い物ができた。

なるほど、僕が天才といわれる、ゆえんである。

素晴らしい。

 


しかしだ、その天才が、5秒後に、足を止める。

ふと気付く。

カップヌードル。

 

 

添加物、エーンド、ハイカロリー!!!!!!!!

 


なんでやねーん!!

自分にツッコミを527回いれときました。

 

 

それだけ。

すんません。

| ポール | ネタ日記 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:51 | - | - | -









http://paul-turedure.jugem.jp/trackback/894
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ