ポールの徒然なるままに


<< 【勉強時間】9/28 | main | 【勉強時間】9/29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
やんなっちゃう夢

寝ている時、よく見る夢がある。

だけど、よく見る夢に限って、やんなっちゃう夢ばかりなのである。

 


まず、1つめに、よく見る夢。

それは、空飛ぶ夢である。

この夢については、見られる人も多いと思う。


大空を羽ばたく。

なるほど、素敵である。

さぞかし気持ちよかろう。

「風に吹かれてどんどん上空へ!わぁ〜、まるで風にようだよ!あははは〜!」

まさに、あははは、である。

 

しかしだ、僕の場合はそうではない。

違うのである。

そんな気持ちいいものではないのだ。

 

僕の空を飛ぶ夢は、地面からちょうど50cmぐらいのところを飛ぶ夢なのだ。

しかも、飛び方。

羽があって飛んでいるわけではない。

平泳ぎである。

しかも、スピードが止まるぐらい遅い。

止まると落ちる。

したがって、落ちないように、とにかく必死である。

地上50cmぐらい空中を平泳ぎで、
 
「はぁはぁはぁ!進め進めぇーい!!!」

滑稽以外のなにものでもない。

 

想像して頂きたい。

地上50cmしか浮いていないのに、必死に平泳ぎをしている31歳。

「浮いてる!!!」

という感動より、

「必死すぎ!!!」

という感想の方が多いのではなかろうか。

そんな空飛ぶ夢をしばしばみるのである。

やんなっちゃうのである。

 


そして、もう1つ、よく見る夢。

「街中や学校で服をなくす夢」である。

あらゆるところで、僕は服をなくす。

もう学生ではないが、学生時代に戻ってまで服をなくす。

 

しかも厳密にいうなら、服を完全になくすわけではない。

残された着衣が1つだけある。

 

白のブリーフである。

今や、小学生かコントでしかみない、あれである。

僕に残された着衣は、白のブリーフのみである。

 

 

新宿の服屋の試着室で、白のブリーフ。

体育の授業中に更衣室で、白のブリーフ。

温泉の更衣室で残されたのは、白のブリーフ。

この焦りと屈辱たるや、筆舌しがたい。

 

夢よ、なぜいつも僕の服を奪うのだ。

そして、なぜいつも白のブリーフのみ残すのだ。
 


せめて、トランクスを。

せめて、バスタオルを。

 

ギブミー・トランクス。

ギブミー・トランクス。

 


そんな夢ばっかりだから、まったく、やんなっちゃうのである。

ちぇっ。

| ポール | ネタ日記 | 12:31 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:31 | - | - | -









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ