ポールの徒然なるままに


<< 寝るということ | main | バルセロナ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ひた走る
 羽田空港まで行ってきた。

 走って、だ。


 「飛行機が見たい!飛行機の飛び立つ轟音を聞きたい!じかに飛行機を見て、鉄の塊が飛ぶのを知りたい!見たい知りたい聞きたい」
 29歳の男は、突然そう思ったのだ。

 また、もう一つの動機として、汗だくのジャージ姿の男が空港にいたら面白いではないか。
 「なんで汗だく!?まさか走ってきた!?」
 そんな妄想をすると、走っていきたくなったのだ。 

 17時過ぎぐらいに家を出る。 
 環状8号線をひた走る。ズイズイと羽田空港まで進むのである。
 健康のためという意味もあって走っているんだけど、いかんせん車どおりが多い。必然的に排気ガスを多量に吸引。健康のために走っているのか、不健康のために走っているのかわからなくなる。
 
 あたりはすっかり暗くなってきた。
 なにやら交番の周辺で、検問らしきものをやっているようだ。捕まっている車がある。ゴシップ大好きな僕としては、当然、走る速度をゆるめる。
 するとだ、若い警察官が僕に向かって、
 「お疲れ様ですッ!!!」
 挨拶をしてくるのだ。僕は心中、
 「走っている僕にお疲れ様?ずいぶん丁寧だなぁ〜」
 と思った。
 しかしだ、僕は一瞬で気づいた。僕の着ているウィンドブレーカーは紺のアディダスである。あの若い警察官の奴、僕を警察官と間違えやがったな。
 若い警察官も気づいたようで、
 「しまった!」
 という顔をしている。僕はニヤニヤしながら、
 「おつかれさま〜」
 と言ってやった。彼は照れ笑いをしていた。
 なんか勝ったような気分になった。

 僕はひた走る。ズイズイと羽田空港まで進むのである。
 するとだ、分岐点に差し掛かったのである。
 右へ行くと第1ターミナル。左へ行くと第2ターミナル。
 僕はエアドゥをこよなく愛しているし、姉は全日空で働いている。僕は迷いなく第2ターミナルへ向かったのである。

 僕はひた走る。ズイズイと羽田空港、第2ターミナルに向かうのである。
 少しずつ飛行機が大きくなってくる。大きくなる飛行機の飛び立つ音。
 まだまだ大きくない。もっと近づきたい。走る速度は上がっていくのである。
 29歳。男。
 なんだかウキウキしちゃってしかたないのである。


 『以降、歩行者・自転車は通行不可』
 
 
 えっ!?
  

 中途半端。飛行機の大きさも、飛び立つ音も。すべてが中途半端なのだ。

 「なぜだ!なぜ飛ぶんだ!なぜ行き止まりなんだ!」
 フェンスをわし掴みにして、飛行機の飛び立つ轟音の中、僕は叫んだのである。

 


  
| ポール | ネタ日記 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:04 | - | - | -









http://paul-turedure.jugem.jp/trackback/450
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ