ポールの徒然なるままに


<< お知らせ | main | 8月29日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
たかがメール。されどメール。
 今日からブログ再開である。これからバリバリ書いて行きたいと思っているので、皆様よろしくお願い致します。いや、バリバリはないかな…。ハリハリぐらい。

 ブログを書かなかった1週間、色々なことがあった。1ヶ月間、札幌に戻らないと宣言した友達が次の週で戻ってきたり、1ヶ月間、札幌に戻らないと宣言した友達が次の週で戻ってきたり、1ヶ月間、札幌に戻らないと宣言した友達が次の週で戻ってきた1週間であった。まぁ、他にも色々あったが、あえて割愛。
 この1週間で気づいたこともあった。気づいたというか、改めて思ったことがある。僕は間違いメールが多さである。メールの間違いとは、すなわち、宛先を間違ってしまうのである。
 僕は基本的に、パソコンからメールをする。僕みたいな豪胆で通った男は、携帯でちまちまメールをしていると、
 「てやんでぇ、べらぼうめ!携帯でちまちまメールをやって八百屋が務まるかっ!らっしゃい!」
 とブタゴリラのお父さんのようになってしまう。なので、僕はパソコンからメールを送るのである。

 宛先を間違いてしまう原因は2つ。
 1つめは、Outlook Expressでのクリックミスである。Outlook Expressでは、左側にアドレス帳が出てくる。そのアドレス帳から、メールを送ろうと思っている人をクリックするのだが、対象者の上下どちらかの人をクリックしてしまう場合があるのだ。
 先日やってしまったミスがこれである。間違って送られた人からすれば、本当にとんちんかんなメールが送られてくるのだ。まさに、勝手にとんちんかん。僕は出っ歯でバカ面になり果てるのである(古いなぁ〜)。
 先日間違えた例にとってみると、札幌住んでいる元塾生に間違えて送ってしまった。その子は、もう学校が始まっており、目も回るような忙しさであるらしい。にも関わらず、
 「熱海はどうですか?疲れをとってね!!」
 と、休みを利用して熱海に行っている人に宛てるメールを送ってしまった。元塾生からすれば、イヤミこの上ない。元塾生は学校の勉強と実習が本当に忙しいらしく、睡眠時間も削っている。旅行はおろか、休みすらない状況であるらしいのだ。
 そんな状況の中で僕のメールである。
 「間違ってますよー!」
 と優しく返信はくれたものの、心中を察するに、
 「イヤミかオラぁー!!!こちとら、寝る間もないじゃー!ぶんなぐっぞ!!ぐっぞ!」
 という気持ちであったであろう。この場を借りて謝罪をしたいと思います。申し訳ございませんでした。
 
 2つめは、僕の脳みそが足りないのが原因である。ある人のことを考えながら、違う人にメールを書いていると、考えているある人に間違って送ってしまうのである。
 これは本当に精神的ダメージが大きい。その中でも、最もダメージが大きかった出来事を簡単にお書きしよう。 
 当時、僕には想いを馳せる女性がいた。仮にその人をAさんとしよう。やはり、一人になって考えることと言えばAさんのことである。その日も僕は、もどかしい気持ちを友人のF氏にメールをしていた。
 「いやぁ、全く参ったぜ。Aさんのことを好きになるとはよ。骨抜きだぜ。オラァ、本当にAさんのことが好きだぜ。このもどかしい気持ち、どうしてくれようぜ」
 といったような内容のメールをF氏に送ったのである。
 
 しかし!!!

 返信がきたのはF氏ではなく、Aさんである。
 「お、送り先、ま、まちがってない…??」
 
 はい、死亡!!!

 思わぬ形で愛の告白をしてしまったのである。変化球の告白。いや、変化球どころ、大暴投である。
 実は僕は、そろそろAさんに愛の告白をしようと思っていた。
 この状況を例えるなら、
 「2アウト満塁、1対0。最後のバッターをピッチャー・ポールが抑えればビクトリーである。ピッチャー・ポール、構えました。投げました!!あー!!!キャッチャーに投げないで外野のスタンドに向かって投げました!大暴投ー!!!!!」
 逆転サヨナラである。泣き崩れる僕。泣きながら甲子園の土を集める僕。甲子園を後にする僕。さよなら、甲子園。夢をありがとう。
 
 もちろん、甲子園ではなく、Aさんにも夢をありがとうである。振られてしまったのである。まぁ、もちろん、それが原因ではなく、僕の魅力不足っていうのが一番の原因なんだけどね。
 皆さんも、間違いメールにはくれぐれもご注意を。
| ポール | - | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:11 | - | - | -









http://paul-turedure.jugem.jp/trackback/184
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ